無添加の基礎化粧品

2011年03月30日
無添加の基礎化粧品とはどのようなものなのでしょう。直接つけるものですから、肌に優しい無添加の物を基礎化粧品は利用したいものです。

無添加の基礎化粧品もいろいろなメーカーから、最近は商品化されているようです。無添加の基礎化粧品がなぜ注目されているのでしょうか。

日々の私たちの生活と関係が深いといえるかもしれません。防腐剤、着色料、香料、化学調味料などの添加物が入っている食品が安全な量に抑えられてるとはいえ多いといえるのが、私たちの毎日の食生活です。

食べ物で添加物入りのものを食べない日は無いとさえいえるでしょう。合成界面活性剤という高い毒性や残存性を持つものをはじめ、発がん性の物質や環境ホルモンなど安全ではない成分が入っている商品も基礎化粧品には少なからず販売されています。

化粧品のメーカーは、添加物の配合量は少ないので、ほとんど人体に問題ないとしていますが、本当に安心して利用できるのでしょうか。

このような化学物質が化粧品に使われてから、長い年月がそれほどたっていないようです。

化学成分がどれだけ人体に影響があるかはまだはっきりとしていない場合が多いようです。

たくさんの人が不安を化学物質に持っているので、安全な無添加基礎化粧品を使用したいと思っているのかもしれません。


腰の痛み